クロブレス関連記事

クレブロスの副作用は?どんな副作用があるのか調べてみた!

fukusayo

花粉症の治療薬で人気のクレブロス(ザイザルのジェネリック)ですが、薬には副作用がつきものです。

どんな薬にも主作用だけでなく、副作用があるのは仕方ありません。

それでは、クレブロスにはどのような副作用があるのでしょうか?

クレブロスの詳細はこちら

クレブロスの添付文書の記載は?

医薬品で起こる可能性のある副作用を調べるには、添付文書を確認するのが一番早い方法です。

添付文書に記載されている副作用は、臨床試験や市販後の調査で集積されたものになるので、どのような副作用があるかを調べるには最適です。

ちなみに、添付文書には「重大な副作用」と「その他の副作用」の2種類が記載されているのですが、重大な副作用には症状の重い副作用、その他の副作用には比較的軽度の副作用が記載されていることが多いです。

まずは、重大な副作用をチェックしてみましょう。

クレブロスの重大な副作用は?

クレブロスの重大な副作用には、「ショック、アナフィラキシー」、「痙攣」、「肝機能障害、黄疸」、「血小板減少」が記載されています。

ショックやアナフィラキシー等の怖い副作用が起こる可能性があるということになりますが、これらは海外でみられている副作用で国内ではあまり確認されていないようです。

起こる可能性は極めて低いと思われますが、これらの副作用の兆候が見られた場合は医師に相談する等した方が良いでしょう。

次にその他の副作用を確認してみましょう。

クロブレスのその他の副作用は?

クレブロスの詳細はこちら

クレブロスのその他の副作用で良く見られているのは、「眠気、倦怠感」、「口渇、嘔気、食欲不振」、「ALT上昇、AST上昇、総ビリルビン上昇」等です。

特に眠気や倦怠感は出る可能性が高いと言われています。

運転をする前には服用しないようにしましょう。

ちなみに、基本的に花粉症の薬は眠気が出ることが多いのでクロブレスが特別多いというわけではありません。

副作用は出る人と出ない人がいる

医薬品による副作用は、個人差が非常に大きいので副作用が出る人もいれば副作用が出ない人もります。

クロブレスの副作用についても、出る人と出ない人がいるので実際に服用してみなければ分かりません。

ほとんどの人は副作用が出るリスクを恐れるよりも、クロブレスから得られるメリットの方を優先しています。

副作用が起こったとしても眠気等の軽度なものが一般的なので、それほど心配する必要はないでしょう。

クレボロスで副作用が出ることは少ない

クレブスは副作用、特に重大な副作用が出る発生はほとんどありません。

ただし、用法・用量は正しく間もって使用するようにしてください。

多く飲みすぎると、副作用が出る可能性もそれだけ高くなってしまいます。

飲み方だけは、きちんと調べチェックチェックしてみてください!

クレブロスの詳細はこちら